静岡茶・日本茶の市川園 > 毎日ちょこっと体操 第43回「手首のストレッチ」

こんにちはゲスト 様

初めての方はこちら

市川園ネットショップでのお買い物には、会員登録が必要です。

受付番号の入力方法
市川園のデジタルカタログ
カタログ表紙写真

最新の
カタログから
ご注文
いただけます

カタログ請求をする
ご注意ください

沼津の市川園様と当社は関係ございません。当社とは違う会社ですので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

市川園は楽天には
出店をしておりません。

ネットショップ営業日のお知らせ

2024年3月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

2024年4月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

毎日いきいき健康

第43回実は肩・首コリ対策にもなる! 〜手首のストレッチ〜

料理や書きもの、スマホの操作など、手首は毎日使います。
手首の筋膜は肩や首、顔までつながっているので、使い過ぎると腱鞘炎だけでなく、
肩コリや首コリの原因にも。
日頃から手首をほぐしておきましょう。

市川先生

体操の先生 市川志織さん

静岡県島田市出身・在住、日本女子体育大学卒。中学・高校保健体育教諭Ⅰ種免許取得。
島田市スポーツ推進委員として市民体操教室で活躍するほか、民間の体操教室でも指導。
中・高齢者向けに脳トレを交えた体操をはじめ、栄養学・歯科口腔外科にも精通。

まずは手首の健康チェック!

本来手首には「手首アーチ」がありますが、手首を使い過ぎると「手首アーチ」が減り、なくなってしまいます。そうなると腱鞘炎や肩コリ、首コリの原因に。手首を曲げたり、指を反らしたりすることで腕のすじが伸びて、筋肉のコリがほぐれます。改善や予防のために、腕&指のばしをはじめましょう。

手首アーチ

腕のばし

腕のばし

腕を正面に伸ばし、反対の手で手の甲を押して、
手のひらを手前に向けます。
イタ気持ちいいくらいの加減で10秒ぐらいキープ。
反対の手も同様に行います。

指のばし

指のばし

手のひらを上に向けた状態で腕を正面に伸ばし、
反対の手で親指以外の指を軽く握り手前に押します。
イタ気持ちいいくらいの加減で10秒ぐらいキープ。
反対の手も同様に行います。

ここがポイント

★息は止めずに深呼吸をしながら行うと、筋肉がゆるみやすくなります。

★腕が下がってしまったり、上がり過ぎないように正面に向かって
伸ばしましょう。

ページトップへ