静岡茶・日本茶の市川園 > 毎日ちょこっと体操 第28回「脳トレ体操『一人ジャンケン』」

こんにちはゲスト 様

初めての方はこちら

市川園ネットショップでのお買い物には、会員登録が必要です。

市川園のデジタルカタログ
カタログ表紙写真

最新の
カタログから
ご注文
いただけます

カタログ請求をする
ご注意ください

沼津の市川園様と当社は関係ございません。当社とは違う会社ですので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

市川園は楽天には
出店をしておりません。

ネットショップ営業日のお知らせ

2021年5月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

2021年6月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

毎日いきいき健康

集中力アップ&認知症予防に!〜脳トレ体操「一人ジャンケン」〜

この時季によく聞くのが、「身体がだるい」、「集中できない」といった心身の不調です。気候の変動やストレスによる自立神経の乱れが原因のひとつと考えられます。生活のリズムを整えるとともに、脳トレ体操で頭をシャキッとさせましょう。

市川先生

体操の先生 市川志織さん

静岡県島田市出身・在住、日本女子体育大学卒。中学・高校保健体育教諭Ⅰ種免許取得。
島田市スポーツ推進委員として市民体操教室で活躍するほか、民間の体操教室でも指導。
中・高齢者向けに脳トレを交えた体操をはじめ、栄養学・歯科口腔外科にも精通。

一人ジャンケン

手は「第2の脳」と呼ばれ、指には脳につながる神経が多いといわれています。指を使った体操は脳の血流を促し活性化。一人ジャンケンなどをすることで、記憶や思考をつかさどる大脳の働きが活発になり、集中力アップや認知症予防につながります。座りながら気楽に始めましょう。

※基本・応用編ともに、左右の手を同時に出すのが大変な方は、右手を出してから左手というように、「後だし」でも構わないので、トライしてみましょう。

●基本編

  1. 右手と左手でジャンケンをします。まずは右手を勝つ設定にして、グー、チョキ、パーと出し手を1回ごとに変えて、左手は負けの設定でチョキ、パー、グーと出していきます。
  2. 次に左手を勝つ設定にして、①と同じ要領でジャンケンをしましょう。
右手が勝つ場合のジャンケン

●応用編

基本編に慣れてきたらレベルアップ!右手と左手が交互に勝つ設定で一人ジャンケンをしてみましょう。

左手が勝つ場合のジャンケン
ここがポイント

★「難しいな」と感じている時は脳が刺激され、活性化している証です。
★簡単になったら脳の刺激にならないので、スピードを上げたり、足踏みを
 したりしてルールを複雑にしてみましょう。

ページトップへ